Ubuntu Linux インストールメモ

はじめに

この文書は、Windows時代と変わりない快適なコンピュータライフをUbuntu Linuxで送るためのメモである。基本的にはDebianと変わらないはずなので、不足部分はDebianのメモを参考に。

なぜ再びWindowsを捨ててLinuxに戻ってきたのか?

Windowsのアウトラインフォントの描画があまりにも汚くて気が狂いそうだったから。Macを買う気はないので、Linux。

ただ、Windows Vistaのフォントメイリオの登場や、こんなものもあるので、Windowsでなんとかやっていけそうだが。

なぜUbuntuなのか?

Debianの非ユーザフレンドリーさ*1に嫌気が差したため、別のディストリビューションに乗り換えようと考えた。

参考サイト

インストール

Ubutuのインストールは非常に簡単である。画面の指示に従っていれば、特に問題なく終了する。やることは以下の通り。

  1. サイトからCDイメージをダウンロード
  2. ダウンロードしたCDイメージをCD-Rなどに焼く
  3. 焼いたCD-RをCD-ROMドライブに入れ、PCを起動する
  4. Ubuntu LinuxがCDから起動したら、デスクトップにあるインストールのアイコンをダブルクリック
  5. 画面の指示にしたがってインストール

ほとんどの場合、とまどうことはないだろう。少なくとも筆者はこの手順で何の問題もなくインストールが完了した。

パッケージのアップデート

aptを用いてパッケージを最新に。必要に応じて好きなパッケージをインストールする。

nVidiaグラフィックカードドライバ

nVidiaのグラフィックカードのドライバは以下を参考に。

1024x768より大きい解像度

筆者のモニタは19インチで1280x1024表示が可能だった。xorg.confには1024x768までの一般的な解像度しか定義されていないため、既存の記述を参考にして追加する。

  1. xorg.confに追加
  2. /var/lib/x11/xorg.conf.md5sumを更新

atokx2

半角全角キーによるIME ON/OFFを有効にするために、以下のiiimfを使う。

deb http://kmuto.jp/debian/mtu unstable main

Debianのsidパッケージのatokx2_17.0-2.0-3_i386.debをウェブブラウザなどでダウンロードしてdpkgでインストールする。

http://packages.debian.org/unstable/utils/atokx2
# dpkg -i atokx2_17.0-2.0-3_i386.deb

依存関係でエラーになるので以下を実行する。

# apt-get install iiimf-htt-server iiimf-htt-xbe
# apt-get -f install

その後、再び以下を実行する。

# dpkg -i atokx2_17.0-2.0-3_i386.deb

このままではATOKはきちんと動かないらしいのでアップデートを行う。 JustSystemのサイトからATOK for Linuxのアップデータを取得する。

http://www3.justsystem.co.jp/download/atok/up/lin/050615.html
# /etc/init.d/iiimf-htt-server stop
# /etc/init.d/atokx2 stop
# tar zxf atokforlinux_update_17_0_2_1.tar.gz
# cd atokforlinux_update_17_0_2_1/bin/ATOK
# tar zxf atokx-17.0-2.1.i386.patch.tar.gz
# cp -r opt usr /usr/lib/atokx2/
# /etc/init.d/atokx2 start
# /etc/init.d/iiimf-htt-server start
# update-alternatives --config xinput-ja_JP

/etc/X11/xinit/xinput.d/iiimf_atokx2が選択されていることを確認する。もしiiimf_atokx2の行が追加されていない場合は以下のコマンドを実行して手動で追加した後、上記のコマンドを再度実行して選択する。

# update-alternatives --install /etc/X11/xinit/xinput.d/ja_JP xinput-ja_JP /etc/X11/xinit/xinput.d/iiimf_atokx2 50
# apt-get install iiimgcf

一旦ログアウトして、gdmで再ログイン。それでもだめなようならOSを再起動。 IIIMFのステータスバーを消す

Fedoraのパッケージにあるgnome-im-switcherをインストールする。

wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/updates/4/i386/iiimf-gnome-im-switcher-12.2-4.fc4.2.i386.rpm
sudo apt-get install alien
alien --script iiimf-gnome-im-switcher-12.2-4.fc4.2.i386.rpm
gnome-im-properties &

このダイアログによる設定は再起動すると無効になるが、セッションの設定などで自動的にgnome-im-settings-daemonを起動させるようにしておけば設定が保たれる。

美しい日本語フォント

TrueTypeFontやOpenTypeFontは~/.fontsフォルダを作成してその中に入れるだけで使用可能になる。

http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/
Copyright © ymkn <ymkn@jibunstyle.net>